野菜 イラスト

Management policy経営方針

地方農業の活性化、地域とのコミュニケーション、国際的に人や技術が
未来へつながっていくように事業への取り組みをしています。

Union summary組合概要

名称 協同組合 香川豊南
設立 2011年11月11日
代表理事 芟藪 健司
資本金 2,100,000円
所在地 〒769-1611
香川県観音寺市大野原町大野原1143番地3
連絡先 TEL:0875-54-5141
FAX:0875-54-5133
事業内容
  • 組合員の取り扱う農業用資材等の共同購買
  • 外国人技能実習生協同受入事業
  • 外国人技能実習生受入れに係る職業紹介事業
  • 組合員の福利厚生に関する事業
  • 組合員の事業に関する経営・技術の改善向上または組合事業に関する教育及び情報の提供
従業員 常勤3名(生活指導員・相談員)
通訳1名
役員
代表理事
芟藪 健司
副理事長
矢野 匡則
専務理事
近藤 芳臣
理事
井下 泰明
理事
中村 努

※2020年6月現在

施設外観

Union history組合沿革

2011年11月 協同組合香川豊南 13名で出資し設立 共同購買事業を開始。
2011年11月 無料職業紹介業 届出
2012年2月 高松出入国在留管理局へ 業務許可
2012年4月 香川県農業協同組合(旧:香川豊南農業協同組合)が技能実習生業務を廃止。
その事業全てを協同組合香川豊南が引き継ぎ開始。
2012年8月 第1回 技能実習生の受入
2014年7月 事務所 移転
2017年11月 監理団体許可(一般)
2019年9月 登録支援機関登録
2020年5月 現在、第35回の受入

組合員 集合写真

Greeting from the CEO代表理事挨拶

協同組合 香川豊南 代表理事:土田 進

協同組合 香川豊南 代表理事 芟藪 健司

2019年3月より代表理事に就任した芟藪健司です。
組合を立ち上げてもう7年、まだ7年の間に、入国管理法が改正、施工され、また外国人技能実習機構が新設されこの事業は常に日本の経済状況と法律の隣り合わせの事業であることを実感しております。
現在も技能実習制度の見直しがされており、2019年4月には3年から5年に延長された制度が、更に5年延長されるなど日々の情報収集には余念がありません。

日本の人手不足と言われておりますが、この技能実習制度が、国際貢献となり将来的に日本の為になるのか定かではありませんが今いる私たちの地域産業の活性化に繋がるように努力し、組合員の経営改善を図り、安心して外国人技能実習生の受入れができるよう日々活動していく所存です。
私見としては、円滑な技能実習を行う為には、実習生と受入機関とのコミニュケーションの質が一番大切ではないかと思っております。

メールでお問い合わせ

info@k-k-h.jp

電話でお問い合わせ

0875-54-5141